「未来の年表」

こんばんは、行政書士の桑田です。
事務所を新宿区から東京都調布市に移転いたしました。

最近の関心テーマの一つは、「地方創生」です。
「地方創生とは、すなわち人口減少問題である」―これは、今年3月に受講した椎川忍先生(一般財団法人地域活性化センター理事長)の講演会で、印象に残っている言葉です。

今年講談社現代新書として出版された「未来の年表」は、副題が「人口減少日本でこれから起きること」となっています。
もはや避けられない日本の人口減少は、日常生活ではなかなかピンと来ませんが、この本では1年ごとの人口減少の影響について、衝撃的な予想が詳しく述べられています。

心胆寒からしめる日本の将来予想ですが、この本では提案もなされています。
なかでも、「セカンド市民制度をつくる」という提案が良かったです。
「移住」まではできなくても、その土地のファンを「セカンド住民」として住民登録し、「二地域居住」を推進するというものです。
ICTの活用で、滞在時間に応じて住民税を課すことまで提案しています。

久しぶりに、繰り返し読んでしまう本を買いました。

「未来の年表 人口減少日本でこれから起きること」河合雅司、講談社現代新書、2017、¥760

さらに介護実務を調べています。

行政書士の桑田です。
今月、久しぶりに都庁第一本庁舎の「くまざわ書店」に行ってみました。
ところが庁舎内が工事中で、1階と2階にあったくまざわ書店は、1階のみの営業になってしまいました。

当然、地方自治に関する本の在庫も縮小です。かつて三省堂書店だった頃、三省堂書店のサイトに書かれてあった「(都庁のお店は)地方自治に関する本なら日本一の品揃えです」と書かれていて、納得していたのですが、ちょっと寂しいです。

昨年買ったのが「介護支援専門員養成研修教本」という本でした。
要介護認定のための調査について、調べているためです。
(今は縮小したとはいえ)この書店では、「全社協」や「東京都福祉保健財団」発行の本など、他の書店ではあまりお目にかかれない福祉の本も置いてありますので、一度訪ねてみることもお勧めです。

「介護支援専門員養成研修教本 基礎編 五訂版」公益財団法人東京都福祉保健財団 2015 588p ¥2800

介護実務を調べる必要が出てきました。

このブログは、「ロリポップ」というレンタルサーバーを借りて運営していますが、契約更新が6か月ごとなので、すぐに更新時期の通知が送られてきます。更新時期の通知を見て、書くことを思い出す始末……なんとももったいない話しです。

ことし、介護実務について調べる必要が出てきましたので、まず「新人ケアマネージャーの現場サポートブック」という本を買ってみました。

相談を受けるためにまず必要な情報は「業務の流れ」だと思っています。
この本にはケアマネージャーとしての仕事の流れ・相談の受け方から、書類の書き方・モニタリングまで、基本的なことがらが書かれています。
しかも「ケアマネージャー」、つまり介護支援専門員の試験に合格した人向けなので、内容も本格的です。

ところで、2016年11月に、外国人の介護人材受け入れに関する法改正が成立しました。
日本の専門学校・大学での「介護福祉士」養成課程を経て介護福祉士となった留学生に「介護ビザ」を許可するという制度と、「技能実習生」として外国から直接介護人材を招く、という2とおりの制度改正です。

このうち、技能実習の枠組みで外国人を招くことができるという制度については、その日本語能力に関して心配する声が多いと感じています。
個人的にも、「介護技能実習生の入国時に、日本語能力N4」(5段階の下から2番目)で入国を認めてしまうのは、明らかに不足だと思います。
この本を読んであらためて思ったのですが、介護業務では「書類作成の量がとても多い」という理由です。
介護の技能実習生受け入れ先の負担がますます増えるのではないかという気がします。

「新人ケアマネージャーの現場サポートブック」鈴木四季編著 ナツメ社 2015 ¥1800

まず3冊。

行政書士業務にしても、興味を持った分野にしても、新しい分野を勉強するための本は、まず3冊買えば充分でしょう。
一般向け入門書と、Q&A集または事例集、さらに体系的な法律の「教科書」。
もう一冊として、できれば参考書としてコンメンタール(条文の解説書)などです。

例えば相続の場合。
一般向け入門書としては、前にもこのブログで紹介した「相続の教科書」。相続手続の流れをつかむことができます。
この本自体は2013年発行で、相続税法改正はフォローしていないので、新しい入門書を買った方がよいでしょう。
要するに、一般向け入門書は1冊買えば充分で、何冊も買う必要はありません。

次に、事例集など。
今年買ったのは「税理士が見つけた本当は怖い相続の失敗事例55」です。
各事例に「失敗のポイント」がまとめられているところがいいですね。説明文はもう少し詳しくてもいいかな、と思います。

個人的には相続法を体系的に解説した「教科書」も必要です。
例えば有斐閣リーガルクエストシリーズ「民法Ⅵ 親族・相続」などですね。事典代わりに使います。

日本評論社の「新基本法コンメンタール」シリーズの「相続法」はまだ出ていないでしょうか?
個人的には法律学全集(有斐閣)の「相続法 第4版」が、やはり頼りになりますが、入手は難しいでしょう。

新しい分野を勉強したいときには、まず3冊も買って読めば充分でしょう。

コスモポリタンロイヤーズ

行政書士の桑田です。ご無沙汰しております。

行政書士のための勉強会「コスモポリタンロイヤーズ」は、2001年9月に開始しました。
2011年に10周年記念講演会を開催し、2013年でいったんお休みしております。

この勉強会を始めた頃と比べ、さまざまなバックグラウンドを持った人たちが行政書士として活躍しているように感じます。また、多くの勉強会が存在し、皆さんがそれぞれ研鑽を積んでいることから、この勉強会の役割もいったん終わりかな、と思っていました。

ところで、思うところあって2年前に企業経営・会計の勉強をしました。
経営・会計の「ものの見方」をほんの少し身につけることができたように思いますが、最近の関心は「行政書士業務を続ける」ということです。
資格というものは「取ったあとの方が大変」という考えは前から変わりません。同じように、事務所を始めるより「続ける方が大変」ということも言えるのではないでしょうか。
そこで、今までの行政書士業務とはまた違った視点から、行政書士の皆さんに情報提供ができればと思っております。

そしてSNSの時代だからこそ、お客様とも、行政書士の皆さんとも、「顔の見える関係」を。
いつか勉強会の再開を考えつつ、このサイトも続けていきたいと思います。

個人情報保護法の解説

平成27年10月より、いよいよマイナンバーの通知が始まります。

ところで、マイナンバー制度に関する小冊子や参考書を読むと、「個人情報保護法との比較」に関する説明がされています。
個人情報保護法の解説書は、法制定当時に買っていました(「新法解説 個人情報保護法入門」岡村久道著 商事法務 2003年 ¥2000)。しかし法制定の直後に出された本で、ガイドラインの説明もありません。

そこで、あらためて個人情報保護法の解説書を探してみました。ところが大きな書店でもなかなか見つかりません。
やっと見つけたのがこの「個人情報保護法の解説」でした。

条文はもちろん、ガイドライン・指針やQ&Aを引用して解説がされています。分量も価格も手ごろです。(最近この本も増刷されたようで、書店で平積みになっていました。)

「やさしい法律シリーズ 個人情報保護法の解説」中島成 著 ネットスクール出版 2011 ¥900

自治体職員のための番号法解説

いよいよマイナンバー制度がはじまりますね。
2015年10月より、日本に住所を有する人に対してマイナンバーの通知が開始されるそうです。

マイナンバーに関する参考書は、書店にあふれんばかり。もちろん制度の概要を易しく解説した本も必要ですが、ここはやはり法制度の解説書も読みたいところです。
そこで「自治体職員のための番号法解説 制度編」を買ってみました。制度趣旨などの法律解説・Q&A・条文が載っていますので、基本書となりそうです。

もっとも、2014年1月発行の旧版と、「制度編」「実務編」に分かれた改訂版が書店で同じ棚に並んだりしていますし、2015年の法改正を踏まえたさらなる改訂版もすぐに出るかも知れませんので、買うときには確認された方がよろしいかと思われます。

「自治体職員のための番号法解説 制度編」宇賀克也・水町雅子・梅田健史著 第一法規 2014 ¥2000

プログレッシブ ビジネス英語辞典

アメリカ法の入門書を読んでいるときに、「sanction(処罰、制裁)」や「tort(不法行為)」といった専門用語を調べるための用語事典が欲しいと思うようになりました。

そこで買ってみたのが「プログレッシブ ビジネス英和辞典」です。
「見出し項目3万」とのことですが、語彙の豊富さと解説の詳しさは驚くほどです。

例えば最近、ギリシアの通貨危機やプエルト・リコの債務不履行宣言が新聞で報道されていますが、
「currency」(通貨)を引いてみますと、先頭に「currency」のついた熟語は、「currency crisis」通貨危機や「currency hedge」為替ヘッジなど、32個も掲載されています。

一見値段は割高ですが、この充実した内容を見れば充分リーズナブルでしょう。(行政書士桑田優)
「プログレッシブ ビジネス英和辞典」小学館 2009年 ¥3800

「大学の教務Q&A」

留学生支援という理由で、大学業界にも関心を持っています。もっとも業界の中にいるわけではないので、基本的な用語さえもなかなか理解できませんでした。
例えば、大学の先生の経歴にある「Ph., D.」のことを「ペーハーデー」と読んでみたり。(ペーハーって、高校の時に習った水素イオン濃度。)

「大学の教務Q&A」は、大学教職員向けに、大学の入学・学籍・授業から単位・卒業まで、教務の基本をQ&A形式でまとめた本です。
Q&Aだけではなく、コラムで執筆された方の経験や熱意も感じることができますし、用語集まであるので(自分のような業界以外の立場にいても)勉強になります。

蛇足ですが、自分なりの「好感を持つ大学」としましては「生涯学習の充実」や「大学出版部が良い本を出している」という基準も含まれます。玉川大学出版部は「教育関係でいい本を出しているな」と個人的には評価高いです。

「大学の教務Q&A」中井俊樹・上西浩司編 玉川大学出版部 2012 ¥1500

模範小六法

再開の宣言をしておきながら「記事の再掲」とは、手抜きで腰砕けです。そうならないように。

「六法」(法令集)は、三省堂の「模範小六法」平成27年版を買いました。
愛用していた岩波書店の「セレクト六法」は発売中止となり、小型六法(有斐閣のポケット六法など)は全然小型じゃありません。
憲法などの基本法に、参照条文の記載は必須ですが、判例要旨はほとんど読みません。それでも模範小六法を買ったのは「行政書士法」が載っていたからです。

とはいいましても、最近は経営・会計の勉強に追われ、模範小六法も薄くほこりをかぶる始末……。
でも、経営・会計の勉強を進めると、やはり会社法について調べる必要が出てきます。

「模範小六法」平成27年版 三省堂 ¥2600