カテゴリー別アーカイブ: 入管業務・外国人支援

入管業務の本

東京は桜も満開です。4月ということで、新しく行政書士に登録した方も多いことでしょう。
ここでは、入管業務(入国管理局への手続業務)に関する書籍紹介を再掲します。

(注意)「出入国管理及び難民認定法」及び関連省令は、改正法が平成27年(2015年)4月1日に施行されています。
平成24年7月以来の、かなり大きな改正となっていますので、下記入門書も近いうちに改訂版が出る可能性があります。

1,入門書:次のうちどちらか
「はじめての入管法」黒木忠正 日本加除出版 2012改訂 ¥2520
「よくわかる入管法」山田鐐一・黒木忠正 有斐閣 2012第3版 ¥2310

査証・在留資格・在留カードなど、基本的なことを一通り知ることができます。「相談を受ける可能性」があるだけで必読です。(どちらか1冊で良いです。)

2,基本書
「詳説 入管法の実務」山脇康嗣 新日本法規 2010 ¥6200

各在留資格について詳述されているだけでなく、入管業務を行う上での注意点・心構えまで書かれています。入管業務を行う行政書士は必読です。
(追記)2015年4月現在、版元品切れで、電子書籍のみ注文ができるそうです。詳しくは「新日本法規」のサイトへ。

3,法令集
「出入国管理実務六法」日本加除出版 平成26年版は¥5565

以前紹介しましたが、常に法令を確認するために欠かせません。(とはいいましても実際には重いので、要するにスマートフォンやタブレットなどでも、常に入管法令の条文を確認できれば良いわけです。)
(追記)個人的には、2016年版が待たれるところです。

入管法改正について

「出入国管理及び難民認定法」の改正案が今国会で可決成立し、平成26年6月18日に公布されました。(平成26年6月18日付官報号外第136号

今回の法改正は、平成24年7月9日に施行された改正入管法(在留カード制度の新設など)に次ぐ大きな改正だと思っています。すでに当事務所の業務サイト「クワタオフィスの情報カード」に改正入管法に関する記事を書いていますが、こちらのサイトでも紹介します。

まず在留資格「高度専門職」が新設されましたね。外国から直接人材を招く場合に「高度専門職」の在留資格が認められると、一定期間(報道によると3年から5年)在留後に、在留期間を無期限とする在留許可制度を認めるそうです。もっとも従来の永住許可とは違い、在留資格取消制度の適用については一般の就労ビザ並みです。

それから、目立たない改正点ではありますが、在留資格「特定活動」につき「法務大臣が個々の外国人について特に指定する活動」と改正したことは意外と大きな意味を持っているのでは、と思います。在留資格「特定活動」の内容をあらかじめ列挙した「法務省告示」に関わらず、個々の外国人に合わせ柔軟に許可しうるということですね。
あくまで個人の意見ですが、今まで就労ビザの認められにくかった職種にも、「特定活動」の活用で柔軟に許可する、ということを期待しています。