カテゴリー別アーカイブ: いろいろ

介護実務を調べる必要が出てきました。

このブログは、「ロリポップ」というレンタルサーバーを借りて運営していますが、契約更新が6か月ごとなので、すぐに更新時期の通知が送られてきます。更新時期の通知を見て、書くことを思い出す始末……なんとももったいない話しです。

ことし、介護実務について調べる必要が出てきましたので、まず「新人ケアマネージャーの現場サポートブック」という本を買ってみました。

相談を受けるためにまず必要な情報は「業務の流れ」だと思っています。
この本にはケアマネージャーとしての仕事の流れ・相談の受け方から、書類の書き方・モニタリングまで、基本的なことがらが書かれています。
しかも「ケアマネージャー」、つまり介護支援専門員の試験に合格した人向けなので、内容も本格的です。

ところで、2016年11月に、外国人の介護人材受け入れに関する法改正が成立しました。
日本の専門学校・大学での「介護福祉士」養成課程を経て介護福祉士となった留学生に「介護ビザ」を許可するという制度と、「技能実習生」として外国から直接介護人材を招く、という2とおりの制度改正です。

このうち、技能実習の枠組みで外国人を招くことができるという制度については、その日本語能力に関して心配する声が多いと感じています。
個人的にも、「介護技能実習生の入国時に、日本語能力N4」(5段階の下から2番目)で入国を認めてしまうのは、明らかに不足だと思います。
この本を読んであらためて思ったのですが、介護業務では「書類作成の量がとても多い」という理由です。
介護の技能実習生受け入れ先の負担がますます増えるのではないかという気がします。

「新人ケアマネージャーの現場サポートブック」鈴木四季編著 ナツメ社 2015 ¥1800

神保町ブックフェスティバル

今年も、神保町ブックフェスティバルに行くことができました。
会期は11月1日から11月3日(明日まで)ですが、昨日は雨天で中止になったようです。きょうは夕方でも大変な賑わいでした。

「本の得々市」というイベント、出版社が露店を並べて、返品本などを破格値で売っています。「全品500円」や「定価の9割引」というところも。
今年も「中央経済社」のブースでまとめ買いをしました。定価の5割引きですが、まとめて買うとさらに安くなることも。
最近経営・会計に興味を持っているので、中央経済社のワゴンではほんと目移りします。今年も6冊買って、ホクホクです。お店の人にも「また来年来ますね」とあいさつしました。

神田古本まつり

神田古本まつりに行ってみました。平日の夕方だったせいもあって、心なしか人が少なかったような。
お目当ては、古色蒼然としたいわゆる古本ではなくて、「新刊50%オフ」のワゴンです。
明日から開催の「神保町ブックフェスティバル」の方を楽しみにしているので、衝動買いはできるだけ抑えました。でも目星をつけていた本が、他のワゴンを見に行っている間に売れてしまったことにはちょっと後悔です。
さて、11月1日から3日までの天気はどうでしょうか。11月3日は晴れの日が多いと言われますが、例年になく雨が降りそうな予報です。

英和辞典

英和辞典には、もう何十年もお世話になっています。

最初に買ったのは、三省堂の「新クラウン英和辞典」でした(今もあるかどうかはわかりません)。一番よく使ったのは、高校のときに買った旺文社の「英和中辞典」です。高校での授業の指定で、ロングマンの現代英英辞典(日本人学習者向け)も買いました。今思えば、高校では結構英語教育に力を入れていましたが、どうにも英語に苦手意識があったのも事実です。

電子辞書やネットでの検索が全盛の現代でも、書店に行くとけっこう英和辞典が置いてあります。近年の英和辞典は見やすいですね。2色刷りはポピュラーで、似ている言葉の意味を比較した解説(シソーラスみたいです)も豊富です。

でもあまり改訂されていない辞書が多いですね。10年に一度は改訂して欲しいと思っていますので、英和辞典を選ぶときも、発行または改訂が10年以内かどうか、を考えています。

今使ってる英和辞典は、持ち運ぶための小型辞典として小学館「プログレッシブ英和辞典」(2008年第3版、¥1750)、中型辞典として学研「アンカーコズミカ英和辞典」(2008年初版、¥3300)です。

とにかく語学の辞書や六法は、デジタルではなく断然アナログ派です。「寄り道」が勉強になりますし、楽しいものです。

秋になると

秋になると、小型六法の新しい年度版が書店に並びます。先週紀伊國屋書店に行ったら、すでに有斐閣のポケット六法の新しいものが出ていました。

今年は行政法や会社法関係で改正があったので、小型六法の買い換えを検討しています。ただ、収録法令数を増やすあまり、とても「小型」とは言えないほど厚くて重いんですよね。かといってネットで条文を調べるとしたら、「参照条文」がないので不便ですし…岩波書店の「セレクト六法」が出ないのは惜しいです。

今年は入管法も大きく変わりました。「入管六法」は、新年度版に平成26年の法改正が反映されていたら買うつもりです。

(2014年11月4日追記)結局「模範小六法」を買いました。「判例」はほとんど読みませんが、今年改正された「行政書士法」が収録されているために選びました。