月別アーカイブ: 2014年10月

神田古本まつり

神田古本まつりに行ってみました。平日の夕方だったせいもあって、心なしか人が少なかったような。
お目当ては、古色蒼然としたいわゆる古本ではなくて、「新刊50%オフ」のワゴンです。
明日から開催の「神保町ブックフェスティバル」の方を楽しみにしているので、衝動買いはできるだけ抑えました。でも目星をつけていた本が、他のワゴンを見に行っている間に売れてしまったことにはちょっと後悔です。
さて、11月1日から3日までの天気はどうでしょうか。11月3日は晴れの日が多いと言われますが、例年になく雨が降りそうな予報です。

英和辞典

英和辞典には、もう何十年もお世話になっています。

最初に買ったのは、三省堂の「新クラウン英和辞典」でした(今もあるかどうかはわかりません)。一番よく使ったのは、高校のときに買った旺文社の「英和中辞典」です。高校での授業の指定で、ロングマンの現代英英辞典(日本人学習者向け)も買いました。今思えば、高校では結構英語教育に力を入れていましたが、どうにも英語に苦手意識があったのも事実です。

電子辞書やネットでの検索が全盛の現代でも、書店に行くとけっこう英和辞典が置いてあります。近年の英和辞典は見やすいですね。2色刷りはポピュラーで、似ている言葉の意味を比較した解説(シソーラスみたいです)も豊富です。

でもあまり改訂されていない辞書が多いですね。10年に一度は改訂して欲しいと思っていますので、英和辞典を選ぶときも、発行または改訂が10年以内かどうか、を考えています。

今使ってる英和辞典は、持ち運ぶための小型辞典として小学館「プログレッシブ英和辞典」(2008年第3版、¥1750)、中型辞典として学研「アンカーコズミカ英和辞典」(2008年初版、¥3300)です。

とにかく語学の辞書や六法は、デジタルではなく断然アナログ派です。「寄り道」が勉強になりますし、楽しいものです。